降り注ぐお札

クレジットカード現金化と違法性の問題

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行います。
最近は現金化サービスが当たり前になってきた感がありますが、利用する際はその使い方にも注意する必要があります。
というのも、利用の仕方によっては利用停の処分を食らうことがあるからです。
現金化を利用する際は、今一度、カード会社の利用規約を確認しておくといいでしょう。

カード会社の利用規約について

オレンジのカード
クレジットカードをお持ちの方は、カード会社の利用規約を読んだことがありますか?
まだの方は、一度熟読することをオススメします。
というのも、カード会社の利用規約の中には、クレジットカード現金化でのカード利用を禁止しているからです。
クレジットカードには、VISA、Master、JCB、AMEXなどの有名ブランドがおなじみです。
みなさんの中にも、これにブランドを利用している方も多いことでしょう。
これらカード会社もそれぞれ利用規約を制定していますが、多くで現金化のサービスの利用を禁止しています。
もしユーザーがこの利用規約に違反してそれが発覚した場合、カード会社は様々な措置を行います。
そしてその中の1つが、クレジットカードの利用停止です。
この利用停止の処分に遭うと、ショッピング枠現金化のサービスを利用できなくなりますので注意してください。

現金化と規約違反

現金化サービスは、クレジットカードのショッピング枠を利用して業者が指定する商品を購入します。
この行為が禁止事項に該当するのではないかと言われています。
実際に現金化行為か違法と判断され、摘発された事例もあります。
このように、行為そのものが違法とみなされることもありますので、利用する際は注意する必要があります。
しかし今回の判例で示された、「すべての現金化業者が該当するものではない」ということも重要です。
現金化業者には優良会社と悪質会社がありますが、このうち一部の悪質会社が行っている行為が該当します。
ですので、健全な運営を行っている優良会社を利用すれば問題ないと言えます。
しかし、だからと言って軽視してもいけません。
今後、いつ現金化行為が違法とされるか分かりませんので、常にその動向を把握しておくことが大切です。
ショッピング枠現金化サービスを利用する際は注意してください。

利用規約に抵触する可能性もあります

クレジットカード現金化はとても便利なシステムですが、カード会社の利用規約に抵触する可能性もあります。
利用規約に抵触すると、利用停止などの処分を受けることがあります。
また、実際に摘発された現金化会社もありますので、気をつけて利用しましょう。