降り注ぐお札

クレジットカード現金化の手数料について

お金が必要な時にすぐに振込でくれる、そんな便利な制度がクレジットカード現金化です。
サービスを利用する時は専門の業者に連絡しますが、その時に必要になるのが手数料です。
現金化業者によって手数料が異なりますので、事前にしっかり調べておきましょう。

現金化サービスにおける手数料について

みなさんは、クレジットカード現金化のサービスを利用したことはありますか?
現金化は、消費者金融に変わり注目されつつある現金の調達手段で、クレジットカードのショッピング枠を利用して行うサービスです。
専門業者に申し込みすれば、その日のうちに必要額を振り込んでくれます。
しかし、この場合注意する必要があるのが、業者が請求する手数料です。
この手数料には様々なものがあります。
具体的には、現金化にかかる決済手数料、現金の振込料、クレジットカードで購入した商品を業者に送る際の郵送料などがあります。
クレジットカード現金化のサービスを利用する場合、これらの手数料が発生しますので頭に入れておきましょう。
また、業者が提供するサービスを利用する際、詳しいことについて説明があります。
その時に、具体的な料金なども教えてくれますので、分からない点があれば問い合わせておくといいでしょう。

手数料の負担について

ショッピング枠現金化では様々な手数料がかかることが分かりましたが、問題はその費用を誰が負担するかです。
現金化業者側で全額負担するところもあれば、一部はユーザー側が負担する場合もあります。
一般的なお店、例えば買取方式を採用しているお店の場合、クレジットカードにかかる決済手数料はお店側の負担するのが一般的です。
しかし、キャッシュバック方式を採用している業者の場合、その性質上から見て、ユーザー側で決済手数料を負担することが多いです。
実際の額はカード会社によって異なりますので、利用する前に確認しておくといいでしょう。
ショッピング枠現金化では、その多くがキャッシュバックを採用しています。
そのため、その分の費用を差し引いて振り込んでくれます。
ですので、最初に会社が提示した還元率より低くなることもあります。
キャッシュバック方式の会社を利用する際は、その点につていての理解も必要です。
このように現金化のサービスを利用する際は、ある程度の手数料がかりますので注意しておきましょう。

利用する前に確認しておきましょう

現金化はとても便利なサービスですが、利用する際は手数料が必要になります。
気になる決済手数料ですが、買取方式は業者側、キャッシュバック方式はユーザー側が負担することが多いです。